copyrights, galleryMain All rights reserved
 

 
   
 
準備中…
   


 

KyotoPhotoAward2013
グランプリ 受賞





















































































































  藤生恭平 写真展   FujioKyohei photo exhibition        


 KYOTOPHOTOAWARD2013 GRANDPRIX

 " 働く労働者 "



10/1〈火
〉- 10/13〈日) close on Monday
14:00-20:00 /weekday  **13:00-20:00 /holiday
  





about Exhibition       

2013年2月に開催されましたKYOTOPHOTOAWARD2013のアワード部門グランプリ/優秀賞 受賞者による写真展を開催します。公募形式で集まった70作品の中から審査にて選考されたグランプリ1名、優秀賞4名、新しい才能をご高覧頂きたくご案内差し上げます。【アワード部門審査員】窪山洋子(BloomGallery ディレクター)
森田珠須(写真表現大学 アシスタントディレクター  ZINE/BOOK GALLERY ディレクター)
鈴木崇(写真家)
中澤有基(galleryMain | GALLERY 9 | FOTON photo project)

about KyotoPhotoAward    

2011年に引き続き第二回目となるキョウトフォトアワード2013は、写真を志す若手を支援奨励するアワード部門、そして幅広く誰でもが参加できる一般部門、の2部門制にて開催した写真展企画です。総出展者164名、来場者は2,000名を越え、盛況な展示会となりました。
アワード部門(2/26 - 3/3)では、写真作家を志す若手の意欲作が並びます。個性とエネルギーに溢れる68名による作品が展示されました。審査はギャラリストや写真家を審査員に迎えてグランプリと優秀賞を選出。グランプリには奨励金/個展開催、優秀作品には優秀賞展開催、が授与されました。
一般部門(2/19 - 2/24)には、97名99エントリーの作品が展示されました。初めて写真展に参加するエントリークラスの方から、プロカメラマンまでが統一フォーマットにてとっておきの1枚を展示。ユニークなレビュアー賞や来場者投票賞など、親しみやすい幅広い展示となりました。
【一般部門レビュアー協力】Acru賞/Ital Gabon賞/How are you ,PHOTOGRAPHY?賞/on and on 賞/うめぞのCAFE & GALLERY 賞/京都写真教室 Tract賞/FOTON賞


artist statement    

労働は否応なく人を表情化し、街に溶け込ませていく。ガードマンは大仰なコスチュームを纏って街に立ち、そこにいることが存在意義となる。実際には周囲から浮いているはずのその姿は、なぜか背景に溶け込むように見え、予めそこにあったオブジェのようだ。それはガードマンに限ったことではない。働いている姿をしている人々は、実際には働いていなくても働いているように見え、そこにいることが必然のようだ。しかしカメラを通してその姿を映すと、彼らは労働という立場から切り離され、本来のおさまりの悪い姿形に戻っていく。そうして労働者達を追っていくうちに、労働者と実の労働の間にある差異が景色の中で転々と揺れ動くことに気付く。


profile                 

藤生恭平  Fujio Kyohei (www.fujiokyohei.com 近日公開予定)

1989年 伊賀生まれ
2012年 関西外国語大学卒
京都在住