copyrights, galleryMain All rights reserved
 

 
   
 
準備中…
   


 

galleryMain

3F  写真展示

2F  ことば他展示


みやび
HP
blog
























































































 みやび写真展 miyabi photoexhibition      


 " sure as "


7/6(土)-7/15(月・祝)※火水休
13時-20時
入場料:1,000円(学生以下無料)
 
statement    

写真で、つたえたいというよりも

わたしが、つたえたいのは”いま”で

なぜ写真なのか

なぜ花なのか

なぜこの今なのかも

わたしにはやっぱり

わからないのです



from gallery          

galleryMain にて2度目の個展となります、みやび写真展『 sure as 』を開催致します。
本展は展示会の入場料としまして1,000円を頂くことに至りました。入場料金の設定をご覧になった方は、高すぎる、美術館より高い、と思われるかと思います。初めにこの企画設定を聞いた時、僕自身もそう感じました。 しかしそもそも、写真展を見るのにそもそもなぜ無料なのかという根本的な疑問、価格設定も自由に設定してもいいのではないかという、作家の強い想いを汲みひとつのチャレンジとして設定しました。
賛否両論はあるかと思いますが、『入場料を設定してもしなくても、どちらでもいいと思います。わたしは今まで2回の個展を経験し、たくさんの方にご来場頂きました。前回より二年経ち、今回個展を開催するにあたり、入場料を設定すると人の流れがどう変わるのか、わたしの意識はどう変わるのか、単純に知りたくなりました。入場料=作品の価値、展示の価値、という常識を捨て、入場料=わたしの存在価値と考えています。そんなわたしが生み出す空間では、何が起こるのか。自分という存在に対する価値、写真とわたしとの関係、わたしと他人との関係、お金に対する認識を改めて見直す、自分大革命となる展示を、活動を応援してくださるみなさまに見て頂きたい。』という姿勢にgalleryMainとして賛同し、展示会を開催することにしました。
今展では、3Fギャラリーにて、会場のセッティングからプリントの仕上げ、額裝まで、作家のイメージする写真の見せ方にこだわり仕上げた写真作品を5点と、言葉を展示します。写真作品は作家自らが丁寧に手焼きしたバライタプリントをアーカイバル処理を施し、チタンフレームで仕上げた、サイン入りの3エディション限定の作品です(エディションをプリントしきってネガは封印します)。2Fでは、ポートフォリオの展示とプロダクトの販売などを行います、更に2Fをサロンとしゆっくりと過ごしていただけます。作家の思いを汲んで応援してお越し頂けるお客様に、作家の作品世界に浸る豊かな時間を過ごして頂けるようおもてなしします。基本的に作家が在廊しています。


profile                 


みやび  miyabi  (www.38bi.net)

1986年生まれ
2010年11月 個展『mirror』
2011年11月 個展『明日生きてる夢をみた』
2012年8月  半個展『うつくしい噓』

2009年12月 第3回ギャラリーアビィ・オールスターズ戦」優勝
2011年10月 KYOTO PHOTO AWARD2011
レビュアー賞:同時代ギャラリー受賞 一般投票:第3位 72票獲得
2013年2月  KYOTO PHOTO AWARD2013
優秀賞受賞