copyrights, galleryMain All rights reserved
 

 
   
 
準備中…
   


 

galleryMain
運営メンバー展

3F 写真スライド+映像
2F プリント数点展示+サロン



KYOTOGRAPHIE+ パンフレット
の内容より一部変更しております。
ご了承ください。















































































































 中澤 有基 写真スライド+映像展   NakazawaYuki Photoslide+Movingimage   


 "SAKURA 010 "

2013.4/26〈Fri〉- 5/12〈Sun.) *close wednesday | 水曜休 |  14:00-20:00


**KYOTOGRAPHIE
**KYOTOGRAPHIE+





 
artist statement    

春になると桜が咲きます。桜は日本中のいたるところに咲き、人々はその咲き具合に一喜一憂します。日本人は心にそれぞれの桜を持っています。それは桜が単に春に咲く花というだけではなく、様々な感情や節目や象徴として日本人の心に密接に繋がっている花木だからです。
 僕も毎年、沢山の桜の写真を撮ります。桜への期待やイメージは大きいです。しかし実際に撮った桜の写真は桜の写真でしかなく、あの高揚感や淡さやフワフワした感覚は写真には写っていません。イメージの中の桜と写真の中の桜は別の次元でのすれ違い、想像の中に咲く桜のほうがいつも美しいです。
 桜の下に立つと、春の日差しが淡いピンク色で、桃色の光に包まれて頭はぼんやりとしています。淡い光を捉えようとしても、花びらのようにひらひらと指の隙間から抜け落ちていきます。その空虚感すらも靄につつまれて幻のように隠れて見えなくなります。やがて花は散り、夢から醒めたかのように誰も桜の話をしなくなります。そして桜は人の潜在意識の底で季節が巡り来るまで眠ります。
 デジタルカメラで桜を撮影しました。デジタルカメラは、撮影してすぐに写真を画像として確認することが出来ます。撮影→画像視認というサイクルが一瞬のうちに成立し、瞬間的な完結をします。撮影数は劇的に増え、シャッターを切るという行為そのものに意味があるような感覚に陥ります。リズムの中でシャッターを切り続け、その一瞬のサイクルの中にあたかも写真の本質に触れたような感覚です。デジタル写真はすこし動画に近いものを感じます。先ず撮っておく。とりあえず撮っておく。数の論理が生まれます。動画を撮っておいて、そこから一瞬を抜き取って静止画を得る事も可能な時代です。写真の意味も考えなければいけません。
 そして、春に充てられてぼんやりとする頭のなかで、ぼくはファインダーの中の桜もぼんやりとして見えてきました。ぼやけた視界の中でも桜は桜として認識出来ます。桜は像がぼやけていようとも心の中に起こる象徴としての桜は喚起されました。桜が日本中に咲き、ある種の象徴として日本人の心に咲く花木なのならば、写真で桜を捉えようとした時に重要なのは実像ではなく、個々の心にリンクするイメージとしての桜が必要なのだと仮定しました。そこから僕は桜をアウトフォーカスで桜をデジタル撮影をしました。桜はぼんやりとピンク、ブルー、グリーンやブラウンで彩られた抽象画のように美しく画面に広がり、記憶イメージの断片として、フォーカスのあった実像の桜よりも強く強くこちらに迫り始めました。僕は夢中になり桜に向かい始めました。その集積は、僕に桜を捉えることが出来たという微かな実感を感じさせました。

Come spring and cherry trees bloom. All over Japan, people will delight or despair depending on how the blossoms look each year. Each one of us Japanese has a cherry tree in full bloom in his or her soul. Not simply because they bloom year in year out, but because every Japanese cherishes a feeling, an impression, a memory that's intimately associated with cherry blossoms.
Every year I take many pictures of cherry blossoms, with high hopes in my heart, seeking to capture that heady sensation of airy optimism they inspire - but to no avail. The cherry blossoms on my photos are just cherry blossoms while those in my mind always appear more beautiful. In other words, my image of them and the reality remain in different dimensions that never really match.
As I stand beneath the cherry blossoms and gaze at the spring light that seeps through the petals in faint peach hues and embraces me, my head gently spins in a haze. I try to capture this light but it slips between my fingers like falling petals and eventually the world vanishes in a fog of illusion. The next thing you notice, all the cherry trees have lost their flowers and cherry blossoms have disappeared from everyone's daily conversation - yet they remain dormant in our subconsciousness where they hibernate until spring comes to awake them again.
All these photos of cherry blossoms were taken with a digital camera. As you all know, with digital cameras you can check your photo as soon as you've taken it; it's an act that's done and completed in a blink of an eye, and as a result the number of photos you take increase dramatically and the act itself of pressing the shutter develops another dimension. It becomes rhythmic, not to say frenetic: take a photo, take another, take and select after, it almost becomes like taking a movie from which you can select a few stills later, something you can also actually do with nowadays' digital cameras. Photography has become something else, which needs a rethink, a new approach.
Then spring comes again and my head in a haze I look through the camera's finder at the cherry blossoms in a haze too - but even in their haze cherry blossoms are cherry blossoms and each view comes to add another life to the symbol I have of them in my mind. For indeed cherry blossoms are one of the symbols of this country, and I realized, while taking another photo of white petals, that what is more important than the actual flowers, is the image we have of them, each one of us individually. It is from that moment that I started photographing them deliberately out of focus. Then something else happened. Those blurred images in pink, blue, green and brown, spreading like beautiful oil paintings on the screen, more than any real and focused cherry blossoms, started to deeply haunt me and I began taking even more photos of them. And it is then that, for the first time, I actually felt that I had managed to "capture" those fleeting cherry blossoms with my camera.
( translated into English by Baku Nagai )


profile                 

中澤有基 Yuki Nakazawa

写真家 www.nakazawayuki.jp

1980年 生まれ
2004年 ビジュアルアーツ大阪 写真学科卒
2009年12月 個展『予感』(mizuca/京都)
2010年1月 galleryMain を設立
2010年4月 個展『臨界』 (galleryMain/京都)
2011年9月 個展『流れ』 (galleryMain/京都)
2011年11月 FOTON photo projectを立ち上げ
2012年1月 GALLERY 9 kyoto ディレクター
2012年9月 KyotoCurrent展参加 (京都市美術館別館)
2012年11月 京都写真教室Tract設立
2013年1月 個展『震える森、焦点の距離』 (GALLERY 9 kyoto/京都)

作家活動、ギャラリー運営に加えて、様々な写真プロジェクトを企画。
手がけた写真展は100以上。
自身も定期的な個展で作品発表も精力的に行っている。

galleryMain
GALLERY 9 kyoto

FOTON photo project
京都写真教室Tract