galleryMain
home
exhibitions
works
events
about the gallery
shop
access

鍋田政宏  Masahiro Nabeta   


写真+映像展『そなたは昼、わたしは夢』

2010年10月1日 (金)- 10月11日 (月)  水曜日休廊 13:00-20:00 (最終日18:00まで)
※映像上映は10月10日(日)まで     

 


profile

鍋田 政宏 (Nabeta Masahiro)  略歴
1980 年 3 月25 日生まれ 大阪市在住
2001 年 京都外国語大学 外国語学部 ブラジルポルトガル語学科 中退
2003 年 日本写真映像専門学校 映像クリエイション学科 卒
2010 年 galleryMain 運営メンバーとして参加


aritist comment

無意味に長く感じる夢も実際、脳が転送している時間はほんの数秒たらず。夢のその短くも目まぐるしく変化するリズムを意識しつつも、メトロノームのように一定に保ち、自分と被写体との間をなに食わぬ顔で確実に流れる刻と音と、そのズレを感じる。被写体を前にフィルム供送のせわしなさに身を委ね、何かが起きても起きなくとも拾い上げ、転送し、支離滅裂な夢のように即興的に短く繋ぎ合わされた映像。自意識的なリズムと取り巻く世界とが確実に関係しつつも、大いなるズレが生じ、さしてそれに有効性なく撮られた写真。どちらにも刻と音が刻まれるが、ズレなど何もなかったかのように過ぎていく。ただただ、「かつてらしきもの」が。なに食わぬ顔した、そなたは昼、わたしは夢。

gallery comment
もはや例を挙げて言及するまでもなく、現在「写真」は多様化して伝えられ各々は都合にあわせてそれを選びとる。写真家・鍋田政宏はそれら「写真」を大きな視野で捉え制作を続けている。銀塩かデジタルか、は主題に挙げることなく、黙々と「写真」の可能性を掘り起こそうとする。ただそれは暗夜行路などではなく、歴史という足跡にいくらかの足がかりを見出したものである。今作に映像が練り込まれているのも、作者が長年の間、映画製作に携わったことを鑑みると自然な流れであろう。瞬きの如く繰り返される明滅の中、それを目の当たりにする人は、瞬間の軌跡にふと知覚を立ててみるとより興味深いものとなるのではなかろうか。
映像:8mm フィルム / モノクロ・カラー / サイレント / 上映時間 未定 *上映時間は毎時30 分開始となります。
写真:モノクローム・カラー