copyrights, galleryMain All rights reserved
 

 
 
   
    準備中… red  
   


 

galleryMain 暗室開放

・さまざまな要望にお応えします。
まずはご連絡ください。
・予約の際には、以下をお知らせ下さい
①お名前、連絡のつく電話番号
②レンタル or ワークショップ
③ドミトリー or 専用
④時間コース
⑤大伸ばしの際はお伝え下さい

mail@gallerymain.jpn.org
075-344-1893
担当 中澤

























 

darkroom menu

・galleryMain暗室開放します。galleryMain2Fが暗室に速変わり。昼間は遮光しきれないため基本的に夕方以降のみのご利用になります。日没から日の出までが利用可能時間になります。完全予約制になりますのでメールか電話にてご連絡お願いします。展示の都合で暗室開放日がランダムになります。
同時に4人まで作業できます!グループでのご参加歓迎です!


 2012年6月の暗室開放日 
暗室体験、作品製作、など幅広くご活用下さい。
初めての方でもわかりやすくレクチャーしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
開放時間:14:00から


予約・お問い合わせはメールにて→mail@gallerymain.jpn.org

6月
6/18(月)、19(火)※22時以降、21(木)、22(金)、23(土)
24(日)、25(月)、26(火)、28(木)、29(金)

暗室価格表 ( 半切まで )

ドミトリー
専用
印画紙サイズ
大四つ切 以下
半切以下
大四つ切 以下
半切以下
3時間(延長30分毎500円)
3000円
5000円
4000円
7000円
ナイトパック(朝まで)
5000円
6000円
6500円
9000円
 
 
※ 3人以上のグループは割引あり。表示価格から5%~10%引き

※注1 引き伸ばし機が4台あります。ドミトリーは他の方との共同使用になります(他の人のプリントを見てテクニックを盗めるかも!?仲良くやりましょう)複数の予約が無ければ専用になりますが料金はそのままです。
専用はひとりで集中したい方、薬品をあまり混ぜたくない方むけです(一人の方が集中できる、他の人に見られたくないあなたへ)。予約の際にお申し出下さい。

※注2 薬品代込み、印画紙は各自ご用意下さい。現像液などお持ちいただいても構いません。

※注3 初めてご利用の方はナイトパックをご利用頂けません。2回目以降になります(手順などの都合)

※注4 予約制になります。前日までにメールかお電話でご予約ください、その時に印画紙サイズをお知らせ下さい。
プリント可能サイズは半切までです。

※注5 galleryMainにて個展開催の方は、個展までの期間は3時間料金でナイトパック利用できます。


引き伸ばし機
・フジSD690
・lucky 90M
・lucky 60M
・LPL 66 SⅡ

レンズ
・nikon50ミリF2.8
・nikon80ミリF4
・FUJI 75ミリ F4


対応サイズ
ネガ:ハーフサイズ、35、645、6×6、6×7、6×9
印画紙:全紙まで(半切以上をご希望の方は応相談となります。ご連絡ください。)



暗室ワークショップ    ■ 3時間程度。料金は上記のレンタル暗室と同じです。

暗室ワークショップも受け付けています。galleryMainスタッフが丁寧に教えます。それぞれのレベルに対応したレクチャーをしますので初心者さんでも立派なプリントが焼けるようになります!

プリント編

#1 初めての暗室 プリントしてみよう
#2 ベタ焼きとフィルター
#3 焼きこみ覆い焼き
#4 六切りサイズでベストプリント
#5 六切りサイズでベストプリント2
#6 大四つサイズでプリント
#7 バライタ印画紙でプリント
#8 半切サイズで大伸ばしプリント (料金千円アップ)

※印画紙は各自でご用意いただきます。薬品はこちらで用意しています、薬品の持込も可能です。
※注 数字の順番通にレクチャーを受けなくても構いません。順番どおりですと色々と理解がスムーズにいきます。

フィルム現像編   

#A フィルム現像  ☆モノクロ、35ミリ or ブローニー(中判)  

※フィルム現像は3時間内で3000円になります、プリントとは別の会計になります。(ex . フィルム現像3時間+プリント3時間では6000円。フィルム現像のみでは3時間で3000円)
※現像液はご用意ください。京都ですと、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、カメラのナニワ、ムツミ堂、などで購入できます。
ストックも用意していますので定価にてお分けする事も可能です。
※現像タンクやリールなど必要な機材は一式ありますので、フィルムと現像液をお持ち下さい。